はらぺこうさぎ

声と手は上!上げてこうね

チョロくてナンボの駆け込み乗車


今年も半分が終わりかけですが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。

今月の終わりに4連休が控えていて、最高の梅雨にしたくて最終日にあるテレ東音楽祭を応募したのにまんまとハズレたはるなです。


前回のブログに書いたように6月の3日に広島グリーンアリーナ経由でNEVERLANDに入国して、前日にチケットをお譲り頂けたおかげで東京ドームのオーラスも観ることができました。
本当に感謝です。

ですがライブの翌日からロスが酷く、感想も上手く言葉に出来なくてモヤモヤしているナウなので総括はまた後日に...申し訳ございません。
まぁ、誰も見ませんがね!(自意識)



そんなこんなで今現在どの現場もないフリーなオタク。暇です。
手元に何にもなく虚無感でフラフラしてたら、出会っちまったよ。



超特急に



は?今更?って感じ
わかるわかるよ君の気持ち

元々 仲よかった高校時代の友達がハマっていて超特急の話を聞いたり、「Kiss Me Baby」が発売した時期も深夜の音楽番組で見かけるたびに友達を思い出してみて注目はしていたんですけど。



何かの広告で知った最新シングルの「超ネバギバDANCE」のタイトルに釣られてMVを拝見しました。


” 超ネバギバDANCE ” ってタイトル、強くない?
ネバギバのカタカナ、DANCEの英字、そして前につく「超」の漢字。字のインパクトよ



気になったのでYouTubeの公式から開いてみました。

超特急「超ネバギバDANCE」Music Video - YouTube


映像うんぬんの前に曲がなんとまぁめちゃめちゃにいい。サビに向かってハイテンポになっていって、サビ初頭でズンズンくるようなリズム。そこから2番には音が軽くなり、大サビ前の間奏ではテクノ風になるように1曲で沢山の味が詰まっていた。
そこから気に入って毎日何度も観るようになりました

無料コンテンツで見るのも申し訳なくなったから、iTunesでも買っちゃったわよ!ハマったらどこまでも知りたくなる私、爆誕よ〜〜〜〜!🎉
パンパカパーン🎉



デビュー5周年を記念した曲だそうで、MVもロンドンで撮影してあって色味も凄くいい。

女オタク、こんなん好きでしょ。



あとメンバー全員の歌って踊ることへのポテンシャルの高さ。観ていてとても気持ちが良かった
20代前半という若さを無駄にせずに、また言い訳にしないように意識をもって各々が表現していて、胸を打たれました



8号車さん(ファンの方の呼称)の中でリア恋製造機と呼ばれてるのも凄くわかるコーイチさんの大人な魅力。



現地の黒人ダンサーに寄りかかってリズムを取るカイくんの天才肌。



ふとした瞬間に色気がリアルにドバドバ出てる「本気出せばヤバイやつ」タイプのリョーガさん



顔がとにかく可愛くて、何をしても許してしまいそうな放っておけないおぼっちゃま風味のタクヤちゃん
(ここめっちゃ好きだけど微妙なスクショになったの許して)




ギャップ萌えで初見で、君に決めた!しました
おめでとう。君は私の推し車両です
鍵本輝を好きな人はユーキくんを見つけたらそれはもう気が狂うと聞いていたもんで、見るもんか見るもんかと思ってましたが。ダメでした。好きです。
魅せ方がほんと〜〜〜〜に上手!!クラクラします



見えてますか?この方、神です
このシーンだけで100000000人くらい落とせるのに変顔で地ならしするあたり期待通りだなと思います。顔面国立博物館ユースケさん



腕のスケスケヤバイ

からの腕のスケスケヤバイ

た、タカシ〜〜!!
タカシは友達の推しなので知ってましたが、こんなに顔がいいなんて...知らなかった...。
何をやっても絵になる

タカシのここの左腕のヒラヒラかわいい



ちなみに超ネバギバDANCEの個人CMも素敵だから、公式に上がってるし良かったら見て。



1つのMVだけでこんなに狂ってしまうなんて、どんなグループだと検索やらで探りを入れることにしました。




出てくる画像たちのメンバーカラースーツがめちゃめちゃに可愛い〜〜!!やば〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜い!!!!

単細胞な生き物だからスーツに弱く生きている上に、メンバーカラーという特別感。
堅苦しくなく煌びやかなスーツ。そしてそれを着こなす顔面。天才か。


あと、彼らが公式でやっているLINEブログ(イマドキすぎ)やらインスタの自撮りたち

どことなく病んでる感がたまらないユーキくん



かっこいいの?可愛いの?
セクシーなの?キュートなの?
知れば知るほどわからないユースケさん



THE・ジャニオタが好きそうなお顔。
これ以上がない王子様み。私がお酒飲めてたら多分酒の肴にしてた。まだ未成年です
タカシ見てたら脳天が痛くなります、これが恋か


ドル誌にしても男性の自撮りには弱いほうなので、頻繁に更新があって自撮りパラダイスなのが本当に素晴らしいというか。お仕事ちゃんとしてるなと感心するというか。めちゃめちゃサイコーやん💥



まだ知って日数が少ない上に、地元の近くで開催された全国ツアーの福岡に休みなのに参加できなかった悔しさでドギマギしてる状態なので、どこかのタイミングでふと現場に遊びに行くかもしれませんがペンライト1本持ちでも優しい目で見守ってください。今も勉強中でナウで好きな曲は「Pretty Girl」です。この曲可愛くてすき


初乗車をカウントダウンしながら私の推しになったユーキくんのスクショでめちゃめちゃ好きくんなコレクションを垂れ流ししておしまいにしましょう。

ガタンゴトン






超特急 6.10両A面シングルリリース! - YouTube
男性限定ライブでの「Kiss Me Baby」
踊りを操ってるみたいで見ていて感動する




超特急「DJ Dominator」from Live Tour 2016 Synchronism + 30s SPOT - YouTube
ライブ映像が観たくて漁ったら出てきた「DJ Dominator」。めっっっちゃおしゃれ。そして揃ったダンス。偉い。大好き。

ガツンと甘い、ファンサ味

6月3日の土曜日。広島はかんかん照り。
今ツアー2回目のNEVERLANDへ入国してまいりました


1回目入ってから今まで脳内で(私の人生にはNEWSがピッタリ合うんだ...なんだこの精神の安定...NEWSは私の生みの母...)と妙な悟りを開いてしまい、前のようにしげの画像を漁りながらズブズブとリア恋感情を募らせて、居ても立っても居られず日帰りできる広島公演のチケットをお譲り頂くことになりました。


いや〜〜〜〜見事なまでにチョロい


好きな食べ物って聞かれて答えたものって、割とずっと好きで一時的に食べ飽きてしまってもまた欲するときがあるじゃないです。自分の中でもNEWSはきっとそれです。なんか都合のいい女みたいでやなやつだな。


それは知らんけど、おかわり求めて広島へ。
そこそこいい席であるだろうチケットが手元に届いて「銀テ取れるかなぁ💭」とか遠足前にお菓子を買っただけで浮かれてる小学生みたいな気持ちで現場入りしました



会場近くでお祭りをしてたりカープの試合があったみたいで、駅は浴衣女子と赤ユニ軍団と青バッグ女子のオンパレード。各々自己主張が上手です

会場についても一人遠征はひたすらに暇。
なにをやっても暇。暇。暇すぎた。
トラックの前で写真を撮ってあげたりまるで普段の仕事のようなことをしてしまった。
時間外手当くれ...


入場待機列が出来たらすぐさま並びに行ったら2列目になってしまって、ここから緊張がマックスに。

5分ぐらい前倒しで開場が始まって、前列みんながトイレに行ったので「お!これは」と若干早歩きで会場入りへ。


まだお客さんが誰も入ってない会場に足を踏みいれることができました。
しーんと静まりかえった会場、開演すると一気に熱をもつ場所なのにただ今迫力を感じるのは照明とステージの大きさ、たくさんのスタッフの視線を感じつつ一旦着席してみることに。

ありがたいことにアリーナブロック最前列で、メインステージと同じ並びに座るこの責任感。左横にはメインステージ。なにこの贅沢...
高まりすぎて一瞬咳がでた。全身が震え上がったので、席を立ってトイレに向かいつつ母に電話した。



ねぇ〜〜お母さん〜〜 どうしよう

声の震えもおかしいくらいに出てきた



お母さん、これやっぱりアリーナトロッコくるやつだよ
「シゲも近くにきたらいいね」
どうしようどうしようどうしよう。
「楽しんでこんばたい」
ありがとう。ひっ、ひとまず終わったらまた連絡する。うん...ばいばい



左隣も右隣も3連チケットのお客さんで、
3連 単番(私) 3連 の状態が少し恥ずかしく感じた。
話しかける勇気も出ず、うちわをいじいじしてた。



「まもなく開演です。ロビーにいらっしゃるお客様は...」
徐々に大きくなるNEWSコール

そして会場が暗転した


真近でみるメンバーはテレビで見るより立体的で髪の毛の流れさえ、生きてるものだと確信させた。確かに近くにいるはずなのに、正面にある大きなモニターに映る彼らは、よくDVDで観るような完璧な表情をしていた。
これって現実なのか偶像なのかはっきりよくわからなかった。でも照明に照らされる彼らの汗が、その時間をただ物語っていた。


よく分からないけどものすごく楽しくて、脳天を突き抜けるような刺激的な空間は私をとろけさせた。


そんな時、近くにいた揃いの黒のTシャツの方々が急いで準備をしだした。


目的地につくまでに通り道を挟むようにしている人たちにお手を振りながら、大きなものに乗っかったのは加藤シゲアキさん。


ちょっとまって〜〜!!また初っ端からくる〜〜〜!!?!


心の準備が全くなかった。

余裕もなんにもなく、手慣れた感じで乗りこみスタッフに連れられて直進してくるしげ殿。

ある種の生命の危機を感じた


アリーナトロッコでは結構彼は自分のファン以外も見てるんだなぁと思いました。スタトロではガツガツ自分の女たちにファンサしてる印象しかなかったから結構意外だった


そして近くを通る時に正面を向いていたけど、遠くを見ているようで切なかった。せっかくお近づきになれたのだから目ぐらい合わせて欲しかったなぁ...ってワガママな気持ちが湧いてきてモヤモヤした。

そのまま過ぎ去るかと思いきや、1メートル先でトロッコが停車した。

歌う彼。
パートではないときはどこかを見る彼。
黒々とした髪の毛が美しくて、肌に張り付く見るからにしっとりとした汗が艶かしくて、それがライトに照らされて息が止まりそうだった。


見惚れていたら...フッと彼は正面を向いた



' どこにいるの?何してる?SLENDA '

目線がブレることなく、私にフィットした


' 君を願う '

目を逸らすことなく近くにいる彼が手をかざしてきた

周囲が一気に固まりついた。


動じることが出来ず、馬鹿げた表情でしか返すことができなくて、必死に「?」と返した。


そうしたら彼は『なんだよ』と言わんばかりの薄ら笑いでまた背を向けて歌い出した。




もうなんのことかわからずにそのまま震える手で「しげちゃん」と書いたうちわを持ちながらその場に崩れ落ちた。
次見たときはもう遠くにいた。




思えば去年、一昨年といわゆるファンサを頂いたときには最後に必ずドヤ顔をされる。
なんなのずるい。

なんなの。こんなの好きになるじゃん。
...もう好きだけど



涙は出なくて全ての水分が抜きとられたような感じがしたので、急いでいろはすを飲んだ。
ペットボトルを持つ手でさえ振動していた


冷静になれなくてたまらなかった。
もちろんその後は最後まで楽しむことができて、お母さんにも会場を出てすぐ電話をかけた。
毎回ファンサ報告をしたら明るい声で「よかったねぇ!」って言ってくれるお母さんがとにかく大好き。



今年もまさかの場面で心臓を素手で触ってきた私の大好きなひと。今週末にはツアーラストを迎えます。また1年会えなくなるのかと考えると苦しくなるばかりですが、また1年運を貯めておきます。




おかげで気分よく仕事ができるぞっ!
ありがとう、ありがとうしげちゃん






my Brightest , Shigeaki...♡

やっぱり加藤シゲアキだった。

内容はタイトルの通り。

先日、NEWS LIVETOUR 2017 NEVERLANDへ参加...いえ、入国しました。
行ったのは福岡公演で、開演3時間前までリードの撮影会で大阪にいた。終わり次第、新幹線に乗りこんで1時間半遅刻で会場までタクシー飛ばして見にいった


すみませーん!途中入場って大丈夫ですか?

「できますよ!案内しますね」


バイトらしきお姉さんと会場内を忍者のような姿勢で駆け抜けて、先にいた姉に手招きされて席についた。


現場ダブりで無謀なチャレンジに最初は行くのさえも諦めてた。だってさ〜残り1時間ぐらいしか見れないんだぜ?ほとんど終わってらぁ

でもね、どうしても諦めれなかったのはこれ



スタンドトロッコ最前


去年は友達の同伴でスタトロ2列目に入り、今年は自チケで最前にきた。我はスタンドの神様か


まぁだから諦めれなかったってわけ(クズ)


スタンド後方ブロックでもマリンメッセ福岡はしっかりとステージからも近くて余計テンションが上がった。



到着してから10分後くらいかな?
スタッフがざわざわしだして通路に柵をかけ、ある曲でシゲアキがスタンドを目がけて歩いてくる。ヤバい。これはものすごくヤバい。
本人のことをあまり人間と認識したことがないのにこんなに近づかれてもいいのか


ワタワタしていたら彼がトロッコに乗って

きた


当たり前のことだけど最前ってめちゃめちゃに近い
私たち姉妹は真上を見ながら、手を伸ばすわけでもなく(つか逆に引っこめた)ボーーッと上を見上げた。

「シゲでも毛穴ってあるんだ」
「綺麗な髪の毛」

そう思ってたら知らんうちに過ぎてった

一見超勿体無いことかもしれないけれど、私にとっては真近で推しを堪能したことは十分贅沢な出来事だった。


正直最前は本人たちの視界には入りきれていなくて、ただ鑑賞するのみだったんだけど手越さんのさすがの愛らしさとファンサービス力、増田さんの笑顔で振る手から溢れる男らしさ、小山さんから滴る汗の色気に圧倒された。


2〜後ろの列は、ギャー!!!!コッチムイテーー!!
なのに私と姉は
かわいい...顔がひたすらにいい...
とアイドルを前にこぼしてた

まるでテレビを見ながら発する言葉を言っちゃってたのは本当に感情が死んでいたからだ。

にしてもファンサ貰ってた子たち、幸せそうだったなぁ。3人とかで肩寄せ合ってこちらが嬉しくなった


途中からだけどコンサートに参加して、生の加藤さんの姿に触れたら ' やっぱり好きだなぁ ' って。

繊細な表現力、独特な可愛さ、あとひたすらに顔

彼にしかない魅力を短時間でシャワーみたいに浴びた



てかまず嫌いにはなってなかったんだけど

好き過ぎて避けたくなるとか、わかる?

好き過ぎて拗らせてたから自然と遠ざかっていただけなのかも。酷い切れ方してごめんね


漢字・カタカナのかとうしげあきに恋をするのもこれで3回目。1回目に恋をした、2008年のDIAMONDに一緒に入った姉の隣でまたしげあきに惚れてしまった
1回目の恋を迎えた当時小学5年生だった私は、もう成人する歳になっていた

知らないうちに人生を共にしている気がするから簡単には手を離さないぞ




3度目の正直
上手くいきたい













やっぱり私には加藤シゲアキだった。

アキラーフィーバー備忘録

私は手帳とは別に常に持ち歩いているものがある。
外側が青色で、手帳と変わらないサイズなのだがそれには現場へのルート・グッズやチケットのお金の計算、参加しての感想などを書く用に設けているいわゆる ”現場ノート” というものだ

昔から何でもメモを残すのが好きで、48オタク時代は歌詞を書き写したりやら握手レポや配信で見た公演の感想を中学生なりの語彙で頑張って書いていた。
ジャニーズオタクの時代は自担がラジオでした発言を日付ごとにまとめてラジオノートを作ったり、相手のことを深く理解したいと思う気持ちをぶつけたりしてた。

社会人になった今は折角お金をかけて行ったものだから、一言足りとも忘れてはいけないと思ってノートを作ってる。それはいいと思ったところや、嫌になったことも綴っていていつ開いても現場の熱気が生温かく残っている。
寂しくなったら必ずそのノートを開くんだ


今年の冬はそんなノートに沢山書き込むことができた。しあわせだ
今一番熱を入れて応援しているLeadというグループが新曲をリリースしたからだ
その新曲「トーキョーフィーバー」の発売を記念した予定イベントとリリースイベントに参加したことを報告としてここに残しておきます。



2017.02.18 プレパ in 兵庫・尼崎

ちなみにプレパとはプレパーティー、俗に言う予約会のことであります。
偶然土日2連休入っていたので朝イチの新幹線に乗って行こうと決めたのが、出発の3日前。
現場通いはフットワーク軽い女が命です
10・11・12・1月が彼らの現場が少なかったのでいつか出るであろう新曲に向けてこっそり貯金してました。ボーナスも貯めたりしてね
なので1発目からちょっと豪快に

積んだね〜って言われたけど、本当にこの日は積んだよ〜。鍵本輝さんとの初個別というのに積みまくった

ミニライブの会場はショッピングモール外の庭みたいなところでした。めっちゃ解放的なテラスって感じ

券の引き換えも終わって緊張で食べれないけどご飯もちょろっと食べて。集合よりちょっと早く場所に居よう〜とのほほんとベンチに座ってたら、イベントスタッフさんが足で扉を半開きにしながらイヤモニで会話をしててジッと見てた。ゴーが出たのか扉を一気に開くとマネジャーを先頭に私服姿の3人が出てきたじゃないですか。しかも私の1メートルもない距離を過ぎていこうとするじゃないですか。

もうマジで、え?ですよ

自分が青系統の服を身につけていたからか、鍵本さんとピンポイントで目が合って逸せずに横を通ろうとするので、何か話さなきゃとすぐに出た「頑張ってね」を「頑張るね」で返してくださいました。この時点で苦しかったのに公開リハーサルをするものだから急いで移動して柵がある一番前の真ん中で見ました。

Leadはなにをしてもかっこいい

もちろん本番のミニライブもかっこよかった。偶然、整理券番号が隣だったお姉さんとも仲良くなれて1部と2部の間では一緒に行動したりなんかして。いつもソロオタクだったから共通の話題を話せて、それがなにより新鮮で楽しかった

恥ずかしながら今まで3人一斉の握手しかしたことがなかったので、個別握手を待ち焦がれていました。やっと好きな人と長く話せるじゃないですか

一発目で個別でははじめましてと言ったら、「え?そうなん?」と。真偽が分からない返しに心はガッツリと掴まれ、ソロライブが当選した話・月9の話・楽曲の話・そして仕事の話を。
好きな人とは何でも共有をしたくなって話したがり人間のスピードは止まりません。
1部も2部も個別握手の〆をして長い時間話したりもした。2部の最後には職場と住んでいる市の復唱をされて彼の記憶力に戸惑った。

話のネタが尽きたら逆質問を頂いて、Leadで好きな曲と今後聴きたい曲調を考えてきてと課題を出されてレーンの手前で1人考えたりもした。
その返しを夢中な表情で聞いてくれて、あぁ彼はアーティストなんだ。音楽が好きなんだ。とリアルな面を覗かせていただいた

この日から私は1回5100円の彼への愛情を繋いでいこうと決心した。



2017.02.26 プレパ in 千葉

この週も見事に土日が休みだった。サービス業だけど2月は閑散期だからここまでのルーズさに両手をプチャヘンザ。なので行くのを決めたのも安定の3日前です

彼らがマンスリーレギュラーとして出演するAbemaエンタメサンデーの生出演を東京の六本木で見た後に、都営やメトロを乗り継いでギリギリで会場へ。ギリギリの極み。整列10分前に引き換え。つらすぎわろ

この日も少し意地を張った。どんだけ〜〜👆🏻欲張りはいけないわよ〜〜👆🏻でも話したいことはそれなりにあったので...たぶん

この日も引き換えの時にお話していた方と仲良くなり、お互いのツイッターのホームを見て「「アイコン見たことあります!!」」となりSNSでの繋がりの深さを再度実感しました。アイコン見たことあります、ってやっぱすごいよね。近代化な現在の会話じゃないか

ナイデラでは谷内さんのお腹の艶っぽさに眼球が孕んで、トーキョーフィーバーではハイになり、Wake me up で発狂した。
場所はショッピングモールの室内
一般のお客さんも2階や3階で見ていて、「この中から興味を持ってくれる方がいたら嬉しいですね」って会話もしたりなんかした。幸せじゃねぇか

一斉握手では鍵本さんに「先週ぶり!」と切り出されて???なことに。好きな人の記憶に私がいるのが???だわツライ

この日は推し(28歳・男性)に向かって恋愛相談をした。ほどよく興味がない感じにテンションが上がりかけたがしっかりと質問して、大人の男性としてのアドバイスをしていただいた。
推し(28歳・男性)ありがとう

まとめ出しの握手はくだらな〜〜いことを1分間話すのが楽しくてたまらない。職場を三重と勘違いしてても「あぁそう言っとったな!」とか、私の年齢を1歳多くみてても引き寄せて話してくるクロス握手の罪深さに溺れて笑いが止まらなかった。咄嗟に出ためぐリズムのくだりは未だに謎だ



2017.03.10 リリパ in 福岡・天神

そして迎えた発売ウィーク。彼らが6日間で全国を回る怒涛のリリース週である

ファンクラブイベント等で希望休を頂いていたので自分は福岡のみの参加でした。

超控えめな券の枚数。謙虚かよ
しっかし、頑固すぎるのか青の券しか持ってない。敬多や伸也と握手したい気持ちは山々だが推しと長く中身のない会話をしたい欲が毎回勝っていた。

そして現場に行くたびに友達が増えていくハピネス。初対面なのにプリを撮りにいくハピネス。
平和でよかった

ラジオの生放送を見に行き、移動の時の呼びかけにも答えてくれて、ラジオ局のライブイベントでは近くで見ることが出来た。ふぇぇ1日が楽しすぎて脳みそ溶けちゃうよぅ...

イベントでのライブだったからなのか一部撮影可能でブレッブレの写真や動画を撮りまくった

画像はうちの推しが一番可愛い瞬間
文句なしの可愛さ

握手は疲れていたのか、いつもより素っ気なくて寂しかった。でも最初の握手でくれた「いつもありがとう」は、私が彼にとっての「いつも」になれたのを感じたようで心地よさが出てきた。認知というものは絶大な精神効果があるんですね、凄いです。




私は3ヶ所しか参加はできなかったけれど、ノートに残した会話たちがその旅の価値を上げてくれているようでなんとも言えない幸せに包まれる。



発売週を終えて、私の推しである鍵本輝さんは感謝の意を文章にして伝えてくれた。
白い日@アキラキラっ(★。☆)/|Leadオフィシャルブログ「Leadship」Powered by Ameba
いつ見てもいつ触れてもまっすぐとした彼の言葉に嬉しさがこみ上げてくる。
私は鍵本さんのファンで楽しくて仕方がないのだ


今度はいつ彼と会話が出来るのだろう
仲良しをアップデートしながらオタ活を充実していきたいところです

Gimme a call の話がしたい。


私は随分と昔から、「推しが生み出した」もののブランド力に弱い。

「推しが生み出した」デザートを食べ、「推しが生み出した」小説を読んできた。自分が好意的に思う人が考えたものは、全てよく感じるマジックにかかってるんだと自分でもそう思う


中でも「推しが生み出した」楽曲にはすこぶる弱い

好きな人が歌詞を考え、メロディをあてて声を吹き込む。これ以上に尊い行為はこの世の中にない。
そして好きな人が描いた世界観へ立ち入ることを自然に許可されているようでたまらない。



私の今一番応援しているグループ・Lead は初回盤にメンバー各々がプロデュースした楽曲が収録されるシステムで安定した円盤の販売形式を保っている。生み出し大好きオタクな私はこのシステムが一種のご褒美と捉えて、毎度発売のたびに自然と身体が喜んでしまう


そして今回3月8日に発売されるニューシングル「トーキョーフィーバー」にも作詞やら作曲に関わった曲が初回盤に入るわけだが、推しである鍵本輝さんの作詞した「Gimme a call」という楽曲が音源解禁で流れた瞬間、好きになってしまった。なんだこの曲の誰の耳にも馴染みやすい不思議な力は


Gimme a call

Gimme a call

  • Lead
  • J-Pop
  • ¥250


そもそも私は以前から同じLeadのメンバーである、古屋敬多さんが作るディスコ調やファンクが好きでよく再生していたのだが、EDMやバラードを主に作っているあの鍵本さんがファンクを手がけるとこうなるのか...出会ってくれてありがとう!止まらない感動が溢れた


なにより鍵本さんの伸びがいい高音と、音を舐めるように歌い上げる古屋さんの変幻自在な歌声・心の奥を叩きつける谷内さんのラップにファンクがめちゃめちゃ合ってる。15周年イヤーに突入したLeadの大人な魅力をより強く引き立てている。



あと、とにかく歌詞が刺激的

「指で触れる度 素直に答えるBody」

Talk Talkして近距離で Ha Ha ヒソヒソ R指定?」

最近は夢と愛を大切に生きていこうぜ〜!な雰囲気の曲が割と多かったLeadさんが、蓄えていたセクシーさをぶつけてきたというか、おどされてるぐらいが心地よくてニタニタしてしまう(どえむ)

作詞を手がけた鍵本さんいわく、今回この「Gimme a call」は現代社会における身近にあるもの=携帯電話をテーマに、肌身離さず持ち歩く携帯電話へのラブソングに見せかけて、携帯を挟んだ先にいる”対 誰か”への気持ちを表した曲に仕上げたそうな。比喩表現大好きオタクとしてはスゲーたまんない仕上がりなんですよ

例えば

「君は完璧な愛(AI)を求めるハニーさ」

(AIは”人工知能”の解釈でいいかな?)

「嫌な速度制限 遅くなる前に」

などスマホに関するワードが各地に散りばめてあって、歌詞カードを見ながらワクワクしてしまう
ラップの歌詞も、タップだのスクロールだので意味深な画面への触れ方にときめきました。ごちそうさまです



そして一足早くこの曲のダンスを見ましたが、可愛らしさと強引な力強さで楽曲同様、惚れ込みました。コミカルなところと真剣な部分を併せ持つなんてずるいじゃないか



今回も推しが生んだものは最高だった。
お礼は溢れんばかりの言葉とCD代で許してください


この「Gimme a call」が収録された、Leadの27枚目のシングル「トーキョーフィーバー」は本日3月8日発売です。ぜひ手元に置いてくださいな

トーキョーフィーバー 初回限定盤C(DVD付)

トーキョーフィーバー 初回限定盤C(DVD付)

Leadと新年会!2017

皆さま遅れましたが、あけましておめでとうございます。今年も自由に推したちを愛でる年にしていけたらと思っておりますのでどうぞよろしゅうに

そして先日、7日にLeadが先月の下旬に発売したUpturn2016 THE SHOWCASEの円盤イベント・Lead New Years Party の1部に無事当選したので、その模様を備忘録がてらメモとしてここに残していきますね〜🖋


集合は30分前の13:00
会場であったポニーキャニオン本社前にはもうすでに人が集まっていて、事前に届いた当選メールについてた整理番号順に整列


入場と一緒に整理券番号がふられた紙を手渡され、「Leadに聞きたい質問」を書いてボックスに入れる。



開始は遅れて13:40ごろ
司会がまもなくと話している時から既に舞台袖には聞き慣れた笑い声が...(鍵本輝さん)
見える影が黒かったからもしかして?と思ったらやっぱり紋付き袴!
立ち位置は左から伸也・敬多・輝の順
袴の腰元で縛ってるポンポンも敬多が真ん中、伸也が結び、輝が右結びと変わってて可愛かった


3人とあけましておめでとうございますからパーティはスタート。
袴って久々着たよねって話とか、年末年始の個人の過ごし方など細かい話をたくさんと。
伸也は奈良に行った話を、敬多は家族といった温泉が部屋についててガラス張りだった話、輝は長野にいってスキーをしてコケまくった話を。子供って体力が有り余っててなんであんな走んの?みたいな話も面白かった


ここに集まったみんなは抽選に当たった人たちだから運にあやからないと、と頭を向けてお香を被るフリをする輝。「何千分の1の倍率やったって聞いたよ」って言った後に、「でももう運使い終わったんじゃない」なんて言っちゃう敬多



コーナー1つめはルーレット!
「ルーレットカモンっ!」「いやいや横にあるって」と王道のやりとり
白・赤・青・緑の4種類がふってありルーレットで、白が前もってスタッフが準備をした質問が入ったボックスを引く、赤と青は入場してから書いてもらった質問が入ったボックスを引いて答えるもの(赤は番号だけ読み上げて豪華プレゼント?の抽選)、緑は罰ゲームというかメンバーへの任務が書かれたもの


以後順番バラバラに書きます



青のメンバーへの質問で集中力が続かないという話で、そもそも俺らは集中力が無い方の人間だから と予防線をはるLeadさん。
「昔は10時間とかリハしてたけど寝ながらとかだったし、今では集中力が切れたらはい解散!で日が暮れる前に帰ったりすることが多いよね。自分たちだけじゃなくてスタッフさんもいるし」


同じく青でTHE SHOWCASEで気に入ってるシーン

伸也:Wake Me Upで去り際にドヤ顔をする輝
輝:同じくWake Me Upの大サビ前で3人が下からのスモークに囲まれるところ。輝いわくハイローみたいらしい
敬多:Stand up Actionで毎回歌詞を間違えるところ。「あーあそこよ。なんやったっけ。Like New Wave?」「お気に入りちゃうやん」


お年玉はいくつぐらいまで貰っていましたか?なにに使ってましたか?
輝「親戚?から貰ってたような...」
敬多「俺25まで貰ってたよ。熊本のばあちゃん家にいったら親戚がびっしりおって、知らんおばあちゃんから1万円を渡されて『いやいやいや』ってしたんやけど結局貰ったんよね。知らんおばあちゃんから1万貰うとよ!??」(ウケる)
伸也「親戚とゲームするときに調子乗ってミルクティガブガブ飲んだらゲームで酔ってそのまま全部戻した記憶がある」
敬多「だからいつもミルクティ拒否するんやね。ピーチティーばっか飲むんやね」


赤が当たった際には、抽選で選ばれた子が好きなメンバーを選んで他2人がその子とメンバーにシチュエーションとセリフを与えるという企画で、選ばれたメンバーは輝。
敬多案のシチュエーションでは
「輝には好きな人がいるとします。あなたももちろん輝が好きです。朝の登校中、遅刻して角から走ってきた輝とあなたが衝突。
あなたに覆いかぶさった輝が放った一言は...!」
入れ替わるんやないよ?といいながら、あれっ?あれっ?おやおやー?といいながら胸やらズボンをめくったりしてプチ君の名は。ごっこ

当たった女の子が最前列だったから芝居もしやすく、シチュエーション実施して輝が至近距離で「大好きだよ」を言って終了!

時間も押し迫り最後のルーレットは伸也
見事うまい具合に緑を当てて、メンバー司令のクジを引くことに。
「逆にファンに聞いてみたいことは?」
伸也「なんかちょっとヤバいのしか思いつかんなぁ〜」
敬多「あっ、THE SHOWCASEでお気に入りのシーンを逆に聞いてみらん?」
ということで逆質問大会に
メンバー1人1人がクジをひいて回答者を選ぶことになって、トップバッターの敬多くんから私が選ばれました
私は「Loud!Loud!Loud!歌い出しの3人がショーケースから飛び出る振り付け」と答えました。あれは敬多が考えたもんね〜って教えてくれてうれしんや💕
ステージ横にあったテレビでもそこのシーンを一緒に見れて幸せです!


コーナー2つめは書き初め!
袴の裾をめくるためにLead一旦退場
しばしご歓談タイムでは裏側から
「空前絶後の〜〜ッ!」
「貯金残高は79うんたら!」
「暗証番号は2741!」
「財布はいま、楽屋に置いております」
「今がチャンスです!」
と最新ネタをマイク越しに披露😌
1つの硯で筆を湿らせてぎゅっとなって書くLeadさんの可愛さ!
輝「そいやっ!」「ふざけてへんよ」
って言いながら書いた輝氏

そして3人は
輝:「必死」
敬多:「笑顔」
伸也:「突破」

の書き初めを披露。そして机下から「実は事前に書いてきたものがあって...」「せーので出そうか」で、
3月8日発売
ニューシングル
トーキョーフィーバー
の文字を掲げて会場がフィーバー!


やっと言えた〜!ツアー前からずっと動いてはいたけれど15周年の大切な時期のリリースを見込んで出さなかったんだよねぇ、と嬉しそうに語る3人
「みんなで踊れるところもあるし恋ダンスよりも難しくないから!」「ちょっと恋ダンス踊ってよ」でサビを少し踊る逃げ恥視聴者・あっくん

初披露は21日の公開収録です!みんな来てくれるよね?いいとも〜 (チラホラとしか手が上がらない)
輝「わぁみんな来てくれる!」強引すぎわろた


近いところではその公開収録もあるしWWもあるしアベマもモクダンもある、Leadとして単独ステージはリダパもある!今年もどうぞよろしくお願いします!でパーティ終了

伸也「最後は握手...だよね?」
の発言から帰りの見送りはメンバーからの握手でした😊最初らへんはハイスピードでしたが、番号的に中間にいた私は10カウントぐらいかな?と

敬多の握手は相変わらず楽しい!
友達みたいに手をぶらぶらしながら話せて自然とリラックス。
伸也は話しながら手をスリスリペタペタしてくる恋人ぽさ!やばい、これは惚れてまうやろ...
敬語とタメ口を織り交ぜながらしてくれる会話にひたすらニタニタしました

それに比べて推しの鍵本さんにはずっと敬語で話しかけてしまう緊張しいな私...ですます言葉が止まらない...でもいつもきゅんセリフをかけてくれるから好きだよ😍
いつかタメで話せるように鍛えていきます


そんなこんなでイベント全てが終了しました


今年はデビュー15周年イヤー。そんな年に好きでいれることがどんなに幸せか...
2017年もLeadにとっていい一年になりますようにと願いながらLeaders Party!14のチケットの到着を待っています

今年も何卒よろしくお願い致します



左から 谷内伸也さん・古屋敬多さん・鍵本輝さん

FCを更新しました

先週、今週と推しグループのツアーDVD発売が続いております。

今週はLeadさんのですが、先週はNEWSちゃんで年末というのとボーナス支給も合わさって財布の紐がユルユルです


というわけで買っちゃいました
NEWS LIVETOUR 2016 QUARTETTO

ずっとずっと買うか迷ってたけど本能がね、つい

自分が参加したツアーを円盤で再度見るということはその日の記憶もフッと蘇ってきて、脳内オタ活帳のページをめくりながら楽しむことができるのでなんとも幸せですね

社会人になってはじめてのお給料で小学生の頃から好きだったNEWSに新しい気持ちで出会えた春の出来事を思い出します



そして心から愛してる加藤シゲアキさんのソロ
星の王子さま

コンサート当日もBDを見たときも変わらず涙が出ました。なんだか悔しいけどやっぱり彼の作るものを愛する私は変わらないままなのだと知りました



一通り拝見して、ドキュメンタリーも見て、そして届いてた会報とFC継続用紙。

「また1年よろしくお願いします」

と握手を交わして思い出も更新しました


ゆるオタになりましたが、また1年幸せでいようね。
しげちゃん



ps.ある曲のテゴシゲが本当に可愛かったです
コヤシゲからテゴシゲへ推し変します