読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はらぺこうさぎ

争奪戦 kiss or die

もう Can't Stop Loving You

福岡のコンサートから1週間経たない間に、色々と調べては見たりしていると「やっぱり彼のことが好きなんだな」と強く胸うたれてしまって、ついに行ってしまいました。大阪へ。

ノット観光、ライブのみ鑑賞
ペンラだけ片手に、いざ出航
(韻を踏んだ風)

新幹線の座席以外は全てノープランだし、地下鉄乗り換えは初めてでフラフラしながら無事に会場到着。1部は完売したようで、行こうと思い立ったときにはすでに一般発売も終了していたのでチケット求めツイを出してみると運よく譲ってくださる方がいらっしゃったので言葉に甘えさせていただきました。取引後も優しく話しかけてくださったりしたのでどこの界隈もこういう譲渡ばかりだったらいいのに。ってぼんやりそう思いました。どことはいわんけど

これが最後のツアー参戦になっても後悔しないようにしたいと握手券ランダム封入されてる対象グッツをまた追加で買ったり、こないだ買えてなかったものを買ったりとかしてみることにしました。また諭吉が飛んでったよ✌🏻️ヤッタネはるちゃん✌🏻

これでまた当たらなかったら笑えねぇなと思いつつ、開封してみると追加で買ったものではなく買えてなかったキーホルダーに握手券がついていました。そう1500円でこの問題は解決したんです。すぐさま姉にLINEしたら「人生そんなもんだよ」って言われました。確かにそう言えるわね

いやでも今回の券はやっぱり必死になってでも当てたくて...その理由は本公演が一番に大好きな鍵本輝さんの誕生日の翌日ということもありまして、どうしてもお話してお誕生日おめでとうを直接伝えたかったって話なんですけどね。
本当に当たってよかったです

本編はまだツアー中なのでなんにも言えませんがオープニングが変更されてたり、細かいところがちょくちょくいじられてて新しい気持ちで見ることができましたし、3人のかっこよさもいい方向に更新されてました。
あの曲のあのあっくんがあぁで!ってのはツアー終了後にひとりごととしてここに書いていきます

あと3公演入るとさすがに一緒に踊れる曲が増えてきますね。新譜でも手だけならやれるの楽しいなぁ〜って思いながらやりました

そして1時間45分(敬多談)の公演が終了して特典会へ。特典会やってくれるのは嬉しいんだけど時刻はもう16:45で2部の開場が17:30、開演が18:30と(運営はこの人たち休ます気ないだろ...)と言わんばかりのスケジュールの詰め込みに相変わらずビビりながら、集合場所に集まってみるとすぐに整列が始まって。
ふと、トップバッターで握手してみたいなぁと思ったので列の一番前に並んでみました。

ホール内入り口から離れた人気の少ない従業員用の扉近くに連れてこられて、10分ほどスタッフのイヤモニ会話を横目にみながら様子を伺っていると、どこからか聞いたことのある高笑いが。いやあっくん外まで漏れてるて、その笑い声。かわいいけど!!!

そこからまた5分ほどして見えないところから「よろしくお願いします〜」と剥がしスタッフに挨拶しながら3人が入ってきた影を察知。(まだパーテーションで見えてない)
するとそのパーテーションからチラッと顔を出したのが、お目当ての鍵本輝さんでした。えっ!!今日の握手あっくんからなん!!?って誰かに叫ぶこともできずに、1人で驚きを噛み締めていると、またチラッと表情が見えては思わず手を振ってみるとスタッフから(隠れといて)ってあっくんがされててなんかすまんって感じに。

そしてその1分後ぐらいに握手開始のアナウンスが。「はい只今から握手開始します〜。お手持ちの握手券をスタッフに...」という声に従って、手元にある握手券を見た後に正面にいるあっくんを見たら、目があって、なんとも表現しにくいようなやさしーい表情で「おいでおいで」されてもうここでノックアウト。
足元軽くスキップ混じりにあっくんの元に向かっては、手を握る前から「お誕生日おめでとう!」と言いながら近寄っていったからなんだか政治家チックになってしまったことを今更反省したい。

それでも引き続きやさしーい表情で聞いてくれて、じっと目を見つめて言いたいことを汲んでくれて2番手にいた敬多に身体が半分追いやられながらもあっくんが粘ってくれたのであることを聞いてみました。

” 誕生日プレゼントは何がほしい? ”

すると顔色を全く変えずに2秒ほど溜めて、敬多や伸ちゃんの視線も感じつつあっくんが放った言葉が

” お前だよ ”

なんだよその完璧な返しは〜〜!!ぶっちゃけフォーリンラブッっす。ひぃ〜〜😭って言いながら敬多のもとにいくと「よかったねぇ☺️」とほっこり笑顔であやしてくれました。ありがとう、こんなファンなのにありがとう。2人とも短いながらも内容の濃いやりとりができたし、やっぱり伸ちゃんを目の前にするとハンサム度に固まってしまうし色々と楽しかったです。

でもあっくんとの会話がずっとずっと渦巻いてて帰路につくまで拗らせがすごかった。Leadリア恋グループが過ぎる。
これ以上にない幸せをいただきました
本当に本当に楽しかったです

でもまだこれでは夏終わらせたくないなぁ〜〜!




2016年後半はLeadに染まり続ける数ヶ月にします。



もうCan't Stop Loving Akira.