読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はらぺこうさぎ

争奪戦 kiss or die

アキラーフィーバー備忘録

私は手帳とは別に常に持ち歩いているものがある。
外側が青色で、手帳と変わらないサイズなのだがそれには現場へのルート・グッズやチケットのお金の計算、参加しての感想などを書く用に設けているいわゆる ”現場ノート” というものだ

昔から何でもメモを残すのが好きで、48オタク時代は歌詞を書き写したりやら握手レポや配信で見た公演の感想を中学生なりの語彙で頑張って書いていた。
ジャニーズオタクの時代は自担がラジオでした発言を日付ごとにまとめてラジオノートを作ったり、相手のことを深く理解したいと思う気持ちをぶつけたりしてた。

社会人になった今は折角お金をかけて行ったものだから、一言足りとも忘れてはいけないと思ってノートを作ってる。それはいいと思ったところや、嫌になったことも綴っていていつ開いても現場の熱気が生温かく残っている。
寂しくなったら必ずそのノートを開くんだ


今年の冬はそんなノートに沢山書き込むことができた。しあわせだ
今一番熱を入れて応援しているLeadというグループが新曲をリリースしたからだ
その新曲「トーキョーフィーバー」の発売を記念した予定イベントとリリースイベントに参加したことを報告としてここに残しておきます。



2017.02.18 プレパ in 兵庫・尼崎

ちなみにプレパとはプレパーティー、俗に言う予約会のことであります。
偶然土日2連休入っていたので朝イチの新幹線に乗って行こうと決めたのが、出発の3日前。
現場通いはフットワーク軽い女が命です
10・11・12・1月が彼らの現場が少なかったのでいつか出るであろう新曲に向けてこっそり貯金してました。ボーナスも貯めたりしてね
なので1発目からちょっと豪快に

積んだね〜って言われたけど、本当にこの日は積んだよ〜。鍵本輝さんとの初個別というのに積みまくった

ミニライブの会場はショッピングモール外の庭みたいなところでした。めっちゃ解放的なテラスって感じ

券の引き換えも終わって緊張で食べれないけどご飯もちょろっと食べて。集合よりちょっと早く場所に居よう〜とのほほんとベンチに座ってたら、イベントスタッフさんが足で扉を半開きにしながらイヤモニで会話をしててジッと見てた。ゴーが出たのか扉を一気に開くとマネジャーを先頭に私服姿の3人が出てきたじゃないですか。しかも私の1メートルもない距離を過ぎていこうとするじゃないですか。

もうマジで、え?ですよ

自分が青系統の服を身につけていたからか、鍵本さんとピンポイントで目が合って逸せずに横を通ろうとするので、何か話さなきゃとすぐに出た「頑張ってね」を「頑張るね」で返してくださいました。この時点で苦しかったのに公開リハーサルをするものだから急いで移動して柵がある一番前の真ん中で見ました。

Leadはなにをしてもかっこいい

もちろん本番のミニライブもかっこよかった。偶然、整理券番号が隣だったお姉さんとも仲良くなれて1部と2部の間では一緒に行動したりなんかして。いつもソロオタクだったから共通の話題を話せて、それがなにより新鮮で楽しかった

恥ずかしながら今まで3人一斉の握手しかしたことがなかったので、個別握手を待ち焦がれていました。やっと好きな人と長く話せるじゃないですか

一発目で個別でははじめましてと言ったら、「え?そうなん?」と。真偽が分からない返しに心はガッツリと掴まれ、ソロライブが当選した話・月9の話・楽曲の話・そして仕事の話を。
好きな人とは何でも共有をしたくなって話したがり人間のスピードは止まりません。
1部も2部も個別握手の〆をして長い時間話したりもした。2部の最後には職場と住んでいる市の復唱をされて彼の記憶力に戸惑った。

話のネタが尽きたら逆質問を頂いて、Leadで好きな曲と今後聴きたい曲調を考えてきてと課題を出されてレーンの手前で1人考えたりもした。
その返しを夢中な表情で聞いてくれて、あぁ彼はアーティストなんだ。音楽が好きなんだ。とリアルな面を覗かせていただいた

この日から私は1回5100円の彼への愛情を繋いでいこうと決心した。



2017.02.26 プレパ in 千葉

この週も見事に土日が休みだった。サービス業だけど2月は閑散期だからここまでのルーズさに両手をプチャヘンザ。なので行くのを決めたのも安定の3日前です

彼らがマンスリーレギュラーとして出演するAbemaエンタメサンデーの生出演を東京の六本木で見た後に、都営やメトロを乗り継いでギリギリで会場へ。ギリギリの極み。整列10分前に引き換え。つらすぎわろ

この日も少し意地を張った。どんだけ〜〜👆🏻欲張りはいけないわよ〜〜👆🏻でも話したいことはそれなりにあったので...たぶん

この日も引き換えの時にお話していた方と仲良くなり、お互いのツイッターのホームを見て「「アイコン見たことあります!!」」となりSNSでの繋がりの深さを再度実感しました。アイコン見たことあります、ってやっぱすごいよね。近代化な現在の会話じゃないか

ナイデラでは谷内さんのお腹の艶っぽさに眼球が孕んで、トーキョーフィーバーではハイになり、Wake me up で発狂した。
場所はショッピングモールの室内
一般のお客さんも2階や3階で見ていて、「この中から興味を持ってくれる方がいたら嬉しいですね」って会話もしたりなんかした。幸せじゃねぇか

一斉握手では鍵本さんに「先週ぶり!」と切り出されて???なことに。好きな人の記憶に私がいるのが???だわツライ

この日は推し(28歳・男性)に向かって恋愛相談をした。ほどよく興味がない感じにテンションが上がりかけたがしっかりと質問して、大人の男性としてのアドバイスをしていただいた。
推し(28歳・男性)ありがとう

まとめ出しの握手はくだらな〜〜いことを1分間話すのが楽しくてたまらない。職場を三重と勘違いしてても「あぁそう言っとったな!」とか、私の年齢を1歳多くみてても引き寄せて話してくるクロス握手の罪深さに溺れて笑いが止まらなかった。咄嗟に出ためぐリズムのくだりは未だに謎だ



2017.03.10 リリパ in 福岡・天神

そして迎えた発売ウィーク。彼らが6日間で全国を回る怒涛のリリース週である

ファンクラブイベント等で希望休を頂いていたので自分は福岡のみの参加でした。

超控えめな券の枚数。謙虚かよ
しっかし、頑固すぎるのか青の券しか持ってない。敬多や伸也と握手したい気持ちは山々だが推しと長く中身のない会話をしたい欲が毎回勝っていた。

そして現場に行くたびに友達が増えていくハピネス。初対面なのにプリを撮りにいくハピネス。
平和でよかった

ラジオの生放送を見に行き、移動の時の呼びかけにも答えてくれて、ラジオ局のライブイベントでは近くで見ることが出来た。ふぇぇ1日が楽しすぎて脳みそ溶けちゃうよぅ...

イベントでのライブだったからなのか一部撮影可能でブレッブレの写真や動画を撮りまくった

画像はうちの推しが一番可愛い瞬間
文句なしの可愛さ

握手は疲れていたのか、いつもより素っ気なくて寂しかった。でも最初の握手でくれた「いつもありがとう」は、私が彼にとっての「いつも」になれたのを感じたようで心地よさが出てきた。認知というものは絶大な精神効果があるんですね、凄いです。




私は3ヶ所しか参加はできなかったけれど、ノートに残した会話たちがその旅の価値を上げてくれているようでなんとも言えない幸せに包まれる。



発売週を終えて、私の推しである鍵本輝さんは感謝の意を文章にして伝えてくれた。
白い日@アキラキラっ(★。☆)/|Leadオフィシャルブログ「Leadship」Powered by Ameba
いつ見てもいつ触れてもまっすぐとした彼の言葉に嬉しさがこみ上げてくる。
私は鍵本さんのファンで楽しくて仕方がないのだ


今度はいつ彼と会話が出来るのだろう
仲良しをアップデートしながらオタ活を充実していきたいところです