読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はらぺこうさぎ

争奪戦 kiss or die

やっぱり加藤シゲアキだった。

内容はタイトルの通り。

先日、NEWS LIVETOUR 2017 NEVERLANDへ参加...いえ、来園しました。
行ったのは福岡公演で、開演3時間前までリードの撮影会で大阪にいた。終わり次第、新幹線に乗りこんで1時間半遅刻で会場までタクシー飛ばして見にいった


すみませーん!途中入場って大丈夫ですか?

「できますよ!案内しますね」


バイトらしきお姉さんと会場内を忍者のような姿勢で駆け抜けて、先にいた姉に手招きされて席についた。


現場ダブりで無謀なチャレンジに最初は行くのさえも諦めてた。だってさ〜残り1時間ぐらいしか見れないんだぜ?ほとんど終わってらぁ

でもね、どうしても諦めれなかったのはこれ



スタンドトロッコ最前


去年は友達の同伴でスタトロ2列目に入り、今年は自チケで最前にきた。我はスタンドの神様か


まぁだから諦めれなかったってわけ(クズ)


スタンド後方ブロックでもマリンメッセ福岡はしっかりとステージからも近くて余計テンションが上がった。



到着してから10分後くらいかな?
スタッフがざわざわしだして通路に柵をかけ、ある曲でシゲアキがスタンドを目がけて歩いてくる。ヤバい。これはものすごくヤバい。
本人のことをあまり人間と認識したことがないのにこんなに近づかれてもいいのか


ワタワタしていたら彼がトロッコに乗って

きた


当たり前のことだけど最前ってめちゃめちゃに近い
私たち姉妹は真上を見ながら、手を伸ばすわけでもなく(つか逆に引っこめた)ボーーッと上を見上げた。

「シゲでも毛穴ってあるんだ」
「綺麗な髪の毛」

そう思ってたら知らんうちに過ぎてった

一見超勿体無いことかもしれないけれど、私にとっては真近で推しを堪能したことは十分贅沢な出来事だった。


正直最前は本人たちの視界には入りきれていなくて、ただ鑑賞するのみだったんだけど手越さんのさすがの愛らしさとファンサービス力、増田さんの笑顔で振る手から溢れる男らしさ、小山さんから滴る汗の色気に圧倒された。


2〜後ろの列は、ギャー!!!!コッチムイテーー!!
なのに私と姉は
かわいい...顔がひたすらにいい...
とアイドルを前にこぼしてた

まるでテレビを見ながら発する言葉を言っちゃってたのは本当に感情が死んでいたからだ。

にしてもファンサ貰ってた子たち、幸せそうだったなぁ。3人とかで肩寄せ合ってこちらが嬉しくなった


途中からだけどコンサートに参加して、生の加藤さんの姿に触れたら ' やっぱり好きだなぁ ' って。

繊細な表現力、独特な可愛さ、あとひたすらに顔

彼にしかない魅力を短時間でシャワーみたいに浴びた



てかまず嫌いにはなってなかったんだけど

好き過ぎて避けたくなるとか、わかる?

好き過ぎて拗らせてたから自然と遠ざかっていただけなのかも。酷い切れ方してごめんね


漢字・カタカナのかとうしげあきに恋をするのもこれで3回目。1回目に恋をした、2008年のDIAMONDに一緒に入った姉の隣でまたしげあきに惚れてしまった
1回目の恋を迎えた当時小学5年生だった私は、もう成人する歳になっていた

知らないうちに人生を共にしている気がするから簡単には手を離さないぞ




3度目の正直
上手くいきたい













やっぱり私には加藤シゲアキだった。