はらぺこうさぎ

愛を喰らえ

青さの向こう側も溶けていた

 皆様あけましておめでとうございます。

 昨年は元気にDISH//の方で全国各地飛び回っておりましたが、師走ごろからsixTONESやその周りのJr.にどっぷりハマってしまいまして未だに振り回されてる最中にございます。ジャニアイも観劇済みになったのでその感想はおいおい話すかな...?

 

 そして年を越した2019年の現場始めとして NEWS DOMETOUR 2018-2019 EPCOTIA ENCORE の東京ドーム公演を2日間観に行って参りました。単独カウントダウンと元旦公演をした京セラドームに死ぬほど行きたかったんですけど仕事ってもんがありまして...ずっとカウコンやってくれるのを願ってたのに行けなかったのは一生悔やまれる...ほんとうに。でも生きてればまたやってくれると信じております

 

 昨年春にあったEPCOTIAツアーのおさらいと新しい曲を含めて、飽きさせないセットリストに新鮮な気持ちで楽しむことが出来ました。

 なによりオープニングの映像でEPCOTIAツアーのライブ映像を流して、「また会える」という感動を引き起こしてくれた演出の天才さには頭が上がりません。まぁ来週になったら円盤で再度見ることが出来るんですけど、それを一足先に見せてくれる優しさがNEWSなんですよね

 

 開催が発表された時、EPCOTIAツアーのENCOREということでソロは何をやるだろう?とぼんやり考えていたんです。

 そういえば15周年イヤーに入る前からずっと加藤シゲアキさんの「カカオ」を見てみたいって言っていたのを思い出しました。

溶けかけたチョコレート 舐めたら
汚れた口で何を探すの?
いつもそう 一晩中 あなたは
子供みたいで勝手すぎるわ

心を弄び
淫らに あざ笑うその顔にはうんざりよ

純粋な ワガママに
滑り落ちて 独りよがり
はぁ こんな正直者でいるのは もう
バカみたい

純粋な 欲望に
深く沈み もう戻れない
はぁ こんな正直者でいるのは もう

純粋な ワガママに
滑り落ちて 独りよがり
はぁ こんな正直者でいるのは もう
バカみたい

 カカオは2006年のNever Ending Wonderful Story で披露された楽曲で、当時18歳とかその頃の加藤さんが作詞作曲したジャジーで女性口調の歌詞が背伸びをした青年の生んだ曲のようで初めて聴いた日から一番好きなソロ曲としてずっと大切に聴いていました。

 ライブでのパフォーマンスもフードを被ったり頭を傾げながら歌ったり、恥ずかしそうに格好つける青臭さと尖った視線が大好きでした。

 

 その曲をその歌詞を15周年という節目で三十路を超えた加藤さんがどう表現するのか知りたくて是非見てみたいと内心ずっとゴリ押ししてました。

 

 そして2018年8月に放送されたザ少年倶楽部プレミアムにて披露されたカカオは、EPCOTIAツアーでのソロの「氷温」のその前を感じさせる演出でした。お酒が入ったグラスから零れ落ちた氷が時間を巻き戻して、口元で溶かしたチョコレートの香りをつれて帰ってきたような憎くもエモーショナルな感動に胸を打たれました。

 言霊ってあるんですね。心が震えました

 31歳になったシゲアキさんはチョコレートの苦さを知った表情をしていて。でもどこかで甘さを求めていてそれはとても麗しいものでした

 

 

 こうなるとEPCOTIA ENCOREでもどうしてもカカオが見たいってなるのがオタクの性です。

 ツイートしたりして見たいなぁ...って言っていたらなんと見れたんです。1公演目も2公演目も涙を目尻からこぼしながら見ました

 あんなに見たかったカカオが目の前にあったらどんな感情で向き合えばいいかわからなくなったから...。「一生好き」「生きててよかった」って見た後すぐ頭の中でポンポン言葉が生まれたけどそれより先に加藤さんがカカオを覚えていてくれたことが本当に嬉しかったんです。

 

 ソファにぐったり座り込んでヒールのあるブーツを履いて脚を組んで絡ませる官能的なところと、外を向いて歯を噛み締めてイー!と威嚇するような甘えを見せて惑わせる姿。そして花道に移動してシーツに包まれる演出は、自分で自分を抱きしめて自分の表裏を愛してあげているようで、成亮からシゲアキになってより一層素直な人になったんだなとジーンときました。

 成亮も好きだったけれど私は感情を隠さない今のシゲアキさんが一番大好きです。

 

 とにかくカカオがまた見れてよかった。

 カカオを覚えててくれてよかった。本当に良かった。もう歌うことはないだろうからしっかり目に焼き付けました

 フォロワーさんもシゲソロがカカオと知ったときに私を思い出してくれてありがとう笑

 やっぱりシゲアキさんって裏切らないんですね

 大好きが増した2019年のいいスタートダッシュを切れました。加藤さんにとっても、NEWSにとってもよりよい一年になりますように...